「脱原発依存」

昨年の原発事故以来、政府は「脱原発依存」を掲げてきましたが、どのように依存状態から脱却するのか、いつまでに何基どうするのか、必ずしも、明確化されていません。 28日、今後のエネルギーについて、総エネルギー量や総電力量、天然ガスや再生可能エネルギーの導入比率、省エネルギーの取りくみなど、原発ゼロ社会をめざして実現性のある道筋を計画および立案する「脱原発ロードマップ研究会」の準備会合が開かれました。 あわせて、これまでも私が取り組んできた使用済み核燃料の処理等のバックエンド問題、廃炉などの問題も視野に入れて、来週半ばには、正式に会が発足する予定です。
カテゴリー: フォト日記, フォト日記 2012 パーマリンク