くしぶち万里と語る会

アットホームな形でお茶を飲みながらの語る会、今日は3回目でした。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。 今日の話題は、憲法問題。「憲法は国民が国家の権力を縛るもの」。立憲主義のありかたや憲法96条先行改正の問題点だけでなく、自民党憲法改正草案の問題点や歴史認識にも話はおよびました。 そもそも日本が主権を回復したのは、現行憲法の下で民主主義国家になったからです。私は、このことを戦後日本の原点であるとおもっています。したがって、民主主義や個人の権利を後退させる自民党改正案には絶対反対ですし、憲法96条改正というのは立憲主義に反していると思います。 国家主義が強まるような政治の流れがすすむことを、とても危惧しています。
カテゴリー: フォト日記, フォト日記 2013 パーマリンク