イラン経済制裁をめぐって

26日、急遽、アメリカによるイランへの経済制裁について、経済産業・外務・財金の各省庁から聞き取りを行いました。イラン中央銀行と取引のある金融機関は米国での決済が禁止され、日本も大きな影響を受けかねません。一方、イランは、長い歴史のなかで日本独自の友好関係を築いてきた国です。

 

シビアな対応を迫られるなか、政府の説明も情報収集もまったく不十分。危機感ある対応を強く求めました。。米国流のやりかたに安易に追随して方向性を見失うようなことがあってはなりません。

 

 

カテゴリー: フォト日記, フォト日記 2012 パーマリンク