再エネWT 第10回勉強会

20110615 再エネWT 第10回勉強会 (1) 20110615 再エネWT 第10回勉強会 (2)

15日、再生可能エネルギー推進WTの第10回勉強会を開催。この日は、デンマークに本社がある世界最大手の風力発電機メーカー・Vestasのアジア・太平洋地域担当者であるヤニック・テルマンセン氏。テルマンセン氏は、再生可能エネルギー導入に向けて日本が2003年に策定したRPS法では、再エネの導入目標を2010年までに電力供給のわずか1.35%であったことを指摘。この低すぎる目標値や低い買取価格(16円相当)は投資家に十分なインセンティブを与えることができず、再エネの普及に繋がらなかったと分析されました。風力発電は約11万点の部品で組み立てられる設備をもつため、雇用対策はもちろん、日本のハイレベルなものづくり技術が、必ず、世界の風力発電業界を牽引すると強調されています。

カテゴリー: フォト日記, フォト日記 2011 パーマリンク