再生エネ合同審査会

10日午後、再生可能エネルギー法案について、経済産業委員会、農林水産委員会、環境委員会の合同審査会が開催されました。委員会室には、海江田万里経済産業相、鹿野道彦農水相、江田五月環境相の3大臣がそろい踏み。

20110810 再生エネ合同審査会 001

3大臣揃っての審議になると、やはり、法案審議の幅がぐっと広がります。それだけ再生可能エネルギーが与える影響や本来の役割は大きいということ。経済面における環境産業の育成や国際競争力の強化だけでなく、農業や漁業などの副収入にもなり地域社会の活性化も期待できます。また、温暖化対策や環境制約の視点も欠かせず、どう自然と調和した国づくりをすすめていくか。

20110810 再生エネ合同審査会 002

さらには今後、国交大臣も入れて、小中水力や海洋エネルギー、街づくりのゾーニングなど、これからの普及拡大にむけて幅広い観点の議論が必要です。 今日午前中には自民党から修正案方針が出されて法案審議も大詰めになってきました。緊張の日々が続きます。(つづきはこちら)

カテゴリー: フォト日記, フォト日記 2011 パーマリンク