初の女性練馬区長を

練馬区長選

地元の多摩市長選が終わり、16日、練馬区長選の応援に行きました。昨日から、鹿児島2区の衆議院補選も始まっています。

練馬区で、初の女性区長をめざして立候補をした白石けい子さんは、前区議会議員であるだけでなく、保育事業20年・介護事業12年という現場感覚とキャリアをもつ、今の時代に最も必要な首長候補だと思います。4人の母親として、事業者として、保育士として、政治家として、人生のステージを次々と切り開いてきた実力者です。

対立候補は、都職員として福祉行政キャリアの長い年配男性。どちらもキャリアが長いことは同じでも、皮膚感覚でニーズを知る現場側なのか、政策の実務をおこなう行政側なのか、180度目線が違う候補どうしの闘いといえる選挙戦です。前例のない、誰も経験したことのない少子高齢化時代に、トップリーダーとしてどちらが必要なのかは明らかでしょう。

介護保険制度の理念が崩されつつあったり、子ども・子育て新システムが来年度から施行される大切な時期、ぜひ、現場感覚をもった女性区長を誕生させてください。

この選挙戦を支える、車の運転手もなんと女性です。

 

練馬区長選3+

カテゴリー: フォト日記, フォト日記 2014 パーマリンク