北東アジア非核化

11日、超党派の「核軍縮・不拡散 議員連盟」のもとに、「北東アジア非核兵器地帯促進ワーキングチーム」が発足し、勉強会が開かれました。 日本とアメリカを行き来して「核の傘」問題を追ってきた太田昌克記者と、長崎市長の田上富久さんから自治体の取り組みなどを伺いました。 「核兵器のない世界」の実現はすべての国の責務。 北東アジアに非核地帯をつくる努力は、北朝鮮の非核化を促す新しい方策となるだけでなく、日本や韓国など北東アジアの関係国に核兵器に依存しない安全保障への道筋を提供するものとなります。 地域の平和と安定をしっかり守るため具体的な提言を積み上げていきたいと思います。
カテゴリー: フォト日記, フォト日記 2012 パーマリンク