子ども政策を訴える!

13日、町田駅前にて、朝の街頭活動を行いました。 国会状況が緊迫しているからでしょうか。予定していた駅は他党とバッティングし、町田駅周辺に戻ったら、すでに3名の市議さんが駅立ちしており、まるで選挙モードのような朝でした。 社会保障と税の一体改革の修正協議が山場を迎えている国会。このかん議論を重ねてきた子ども政策が、残念ながら、野党の要求で後退しつつあります。 すでに先進国では当たりまえの少子化対策や幼児教育を日本で実施することになぜ反対するのでしょうか。将来世代より既得権を優先する政治はもういいかげんにしてほしいと思います。 「総合こども園」か「認定こども園」かという名前で譲歩するとしても、必ず、二重行政の廃止や財政支援、地域に根づいた多様な保育や幼児教育をすべての子どもが受けられるよう改革を実行させるためギリギリまで働きかけていきます。
カテゴリー: フォト日記, フォト日記 2012 パーマリンク