定数削減・その後2

週明けの18日には、党の政治改革推進本部の総会が開催されました。このかん、総理はじめ執行部に要請を続けてきた議員定数削減を含めた制度改革法案の骨子および今後の方針が示されました。 結論から言うと、夕方4時半に、民主党単独で法案を国会提出をすることを決めました。昼過ぎの野党協議で話し合いがつかなかったからです。とくに、自民党が一票の格差是正する「0増5減」を先にやれという主張は、今頃何を言うのかと怒りが湧いてきます。今年の2月に違憲状態を迎えないようにするため、我々が昨年から一票の格差解消を提案し続けたのにもかかわらずずっと拒否してきた責任を噛みしめていただかなければなりません。 法案内容は、衆院議員定数削減80を2段階に分けて40削減+一票の格差是正「0増5減」とし、選挙区比例代表連用制を一部導入する案です。 社保と税の法案採決の前に、これまで一期生の仲間とともに立法作業をし求め続けてきた議員定数削減について法的な道筋をつけることができました。なんとか、会期中に、議員定数削減法案も衆議院における採決まで持っていくため働きかけていきます。
カテゴリー: フォト日記, フォト日記 2012 パーマリンク