憲法記念日

朝一番で、友人の写真展「命」に行ってきました(片岡和志写真展『命』於:代官山)。ヘソの緒につながった生命誕生の瞬間をとらえた記録に心底感動しました。 憲法や安全保障などについて、いま、真の議論が必要とされているときですが、そうしたテーマの原点に触れた思いです。 国のかたちを決め、国民の命をまもるのが憲法です。憲法96条の改正論議に注目が集まっていますが、私は手続き論が先行するのはどう考えてもおかしいと思います。 自主憲法をつくる前に、66年間、国のかたちを形成してきた現行憲法について「私たち」できっちり考えるときです。 日本が戦後に主権を回復したのは、現行憲法の下で民主主義国家になったからでした。政治家任せではなく、私たちの国家観、憲法観、人権、平和について、国民ひとり一人が真剣に向きあい考えるときだと思います。
カテゴリー: フォト日記, フォト日記 2013 パーマリンク