総理に直談判

先週8日、一期生の議員有志20名とともに、首相官邸を訪ね、議員定数80削減の実施を求めて野田総理へ直接申入れを行いました。 昨年末以来、重ねて、総理はじめ執行部へ要請をしている「議員定数削減」は、なんとしても、社会保障と税の改革における採決前に実行していただくことがこの間の約束です。 「身を切る改革」なくして増税なし、このことを掲げて、一期生の有志で昨年来から議員立法を作成して要請を続けてきました。 すでに3月、法案は党の政治改革推進本部へ提出済みであり、与野党協議の途上にあります。 総理からは、今国会で、採決前に結果を出すため最大限努力するとの姿勢を改めて示していただきました。最後まで粘り強く、求めてまいります。
カテゴリー: フォト日記, フォト日記 2012 パーマリンク