被災地の子どもたち

被災地の子どもたちの声を復興計画や政策に生かしていくため、一期生の女性議員有志で結成された「子どもたちの未来を守る女性議員ネットワーク」。 9日、7月に被災地の各県をそれぞれ回って現地で聞いた声を相互に報告し、今後の活動方針について意見交換を行いました。女性の視点ならではのきめ細やかな報告を通じて、今までの縦割行政で抜け落ちている子どもの心や育ちを重視した取り組みが必要であることを再確認しました。 下の絵は、陸前高田の子どもたちに「どんな町にしたい?」をテーマに描いてもらった絵です。右の絵で、みんなでしっかり手を繋ぎあっているのが印象的。「これなら安心だから」と描いた子どもが話していたそうです。
カテゴリー: フォト日記, フォト日記 2011 パーマリンク