過去最大の予算

みずほ前+

3日、月初めの月曜日は、町田駅みずほ銀行前にて、朝の街頭演説および活動です。今村るか都議とともに早朝からスタート。

私からは、先週28日(金)に、審議14日間という異例のスピードで衆議院本会議を通過した、過去最大95兆8823億円という来年度の予算について問いました。

みなさん、日本は1000兆円を超える借金を抱えて深刻な財政危機にありながら、こんな水膨れの予算を実行しては、また次世代に大きなツケを回してしまいます。国民に消費税増税をお願いする一方、どれだけ国はムダを削り、財政再建に道筋をつけるかが焦点だったはずです。内容も、国土強靭化に名をかりた多額の公共事業へ大盤振る舞いされ、これが本物の経済再生の道につながるとは思えません。

社会保障に関しても、消費税増収分と見込まれる5兆円のうち、より高齢化社会に適応した社会保障の充実分として使われるのはたった0.5兆円です。介護保険にかかわる要支援1と2にあたる介護予防の財源は国ではカットされ、地方自治体へ丸投げ。各自治体で財源確保や支援事業が十分でなければ、各個人は保険料を払いながら、さらに負担は増します。

また、予算委員会の答弁で、安倍総理がどんなに言葉を飾っても、その本音は予算にこそ表れます。原発依存度を下げていく方向性は、予算上、みられません。原発事故から3年が経ち、多くの国民ができる限り原発に頼らないことを望んでいるのは明らかです。核燃料サイクル含めて原発推進の予算を見直して、その財源を、経済の観点からも省エネや再生エネルギーに重点的に投資すべきだと思います。

 

カテゴリー: フォト日記, フォト日記 2014 パーマリンク