陸前高田からの贈り物

嬉しい贈り物が届きました。 桜の季節にあわせて、今月は桜の模様が素敵な「刺し子ふきん」とともに「とれたて根昆布」が陸前高田の仮設住宅に暮らすSさんから届きました。海の磯の香りがそのまま漂い、熱湯をかけるとサッと青い色に。 Sさんは、私が所属する女性の国際ボランティア団体(国際ソロプチミスト町田さつき)が継続している被災地支援プロジェクトのカウンターパートナー。震災以来、東京から、さらし布、チャコペン、糸などを陸前高田へ送り、仮設住宅の女性たちが「刺し子ふきん」(写真左)を毎月作成し、私たちが町田で一枚500円で販売し、売り上げを寄付しています。 細かく切って生姜とポン酢で混ぜるだけ。シンプルで、根昆布のネバネバがとてもおいしい。 三陸海岸の豊かさを実感しました。 (3/21)
カテゴリー: フォト日記, フォト日記 2013 パーマリンク