NPO視察

今期から私は、政調会長補佐として新たな仕事を務めることになりました。この日は、細野豪志政調会長とともに、四谷にある「東京おもちゃ美術館(NPO法人 グッド・トイ委員会)」の現地視察へ。 これまで改正NPO法や寄付税制の拡充など、「新しい公共」を広げる政策に取りくんできました。今日はとくに、子育てや保育の分野で活動する団体を訪ねました。 廃校となった小学校を活用した美術館は、親子連れや保育関係者でいっぱい。子育てだけでなく小児病棟や高齢者福祉など、おもちゃを通じた社会貢献活動に新鮮な印象を覚えました。とくに、伝統的な駒あそび(写真右)や国産木材をつかった手作りおもちゃなど、地域の林業再生とセットで政策を考えていくヒントをいただきました。ちなみに、なんと、細野政調会長はけん玉名人。 写真左は、多摩地域の間伐材がふんだんに活用された「木育ひろば」です。木の香りに包まれながら遊ぶ子どもたちをみて、自然がそばにあることの大切さを改めて痛感。こうした空間を広げていきたいです。
カテゴリー: フォト日記, フォト日記 2012 パーマリンク